第8回大倉山ドキュメンタリー映画祭、終了しました!

2015.04.02 Thursday

3月28、29日に行った第8回大倉山ドキュメンタリー映画祭、おかげさまで終了しました!

2日目に機材トラブルもあり、ご来場頂いた方にご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。
しかし2日間で、延べ452名の方が映画をご鑑賞くださり、大変感謝しております。
来年の予定が決まりましたら、またこちらのブログでご案内いたします。

【大倉山ドキュメンタリー映画祭実行委員長 伊勢真一監督からのメッセージ】
「ゼーゼー」(伊勢真一)
五分咲きの桜が咲く坂道を、ゼーゼー息を切らしながら登り切り、映画祭の会場、大倉山記念館へ・・・。
3月28日(土)・29日(日)ニ日間にわたる大倉山映画祭が終わった。
とてもいいプログラムだったし、映画祭だったと、自画自賛したい。
お客さん一人ひとりの表情を見ながらそう思った。
小さな小さな、知る人ぞ知る映画祭だけど、
手ざわり感のある、いい映画祭に育って来た。
お客さんも含めた、映画祭に寄せる気持ちに育てられたのだと思う。
八年目の今年、必ずしも順調とは言いがたいドタバタもあったけど、
何年やったって、イロイロあるさ・・・。
映画祭自体も、ドキュメンタリー映画創りのようなもんだ。
大手の代理店やテレビ局がやってるような、
立派なイベントである必要は、これっぽっちもない。
小さく、ささやかで、ドタバタで、貧乏で、
けっこうじゃないか。
大倉山映画祭は、これからも、
小さな小さな映画祭のままやって行くのだ。
坂道をゼーゼー息を切らしながら、
一歩一歩ね。
来て頂いたお客さんに、ありがとう。
来てくれなかった方には、来年ぜひ。
スタッフのみなさん、おつかれさまでした。
いせしんいち

スポンサーサイト

2017.06.07 Wednesday

コメント
コメントする